本文へスキップ

PROFILECONCEPT

加藤 喜一 

vocal, guitar, blues harp
東京都出身 / 1965年1月9日生 /

1984年7月、日本フォノグラムより
ロックバンドSALLYのリードヴォーカル、ギターとして「バージンブルー」でデビュー。日本有線放送大賞新人賞、日本レコード大賞新人賞ほか受賞。シングル6枚、アルバム5枚(内ベスト1枚)をリリース。


86年 SALLY解散後、渋谷・egg-manなどで定期的にライヴ、また吉祥寺MANDA-LA2などでアコースティックライヴも並行して行う。

88年12月31日、昭和最後の内田裕也プレゼンツ「ニューイヤーロックフェスティバル」ではビートたけしのバックでギタリストとして参加。

92年、布施博のアルバムタイトル曲「夢の背中」を作曲。

96-99、03-07年大蔵映画配給の成人映画、吉行由実監督作品の音楽を加藤キーチ名義で担当。05年に急逝した林由美香の出演作「イノセント キス」、「ミス・ピーチメモリアルエディション」はDVD化されている。


03年4月、重症急性膵炎で入院生活を送る。以後完全禁酒を現在も続行中。

04年からKOTEZ&YANCYのサポートを受け、本格的に音楽活動再開。定期的にライヴ活動を行う。
SALLY解散から20年を経た06年12月、熱烈なSALLYファンの要望に応えて、渋谷・egg manにて一夜限りの全曲SALLYライヴを敢行。同時にこれを記念してマキシシングル「東京バックサイド・ブルース」を発表する(CDは完売)。


06年からは歌とアコースティックギターとブルースハープでのソロライヴを開始。08年1月からは京都、大阪ほかにも活動の場を広げる。またソロと並行して内海利勝、佐藤公彦(=淡谷三治=沢中健三)、長洲辰三、KOTEZなどとのライヴも行っている。

09年8月、ソロライヴCD「歌とギターとブルースハープ」を制作、発売(CDは完売)。

13年、Pro Toolsを導入し、3月から12月にかけてレコーディング。ゲストに内海利勝(g)、佐藤公彦(sax)がそれぞれ数トラック参加。生のリズム隊を録り終えていた過去のトラックを含め、エンジニアの伴野滋彦とともに仕上げる。作品の大部分のパート、及びジャケットデザイン、写真も自分自身で手掛けている。
 

14年、2.1、アルバム「Pure Glass」として自身のサイトから発売。
6.4、正式にエアプレーンレーベルから発売予定。なお、エアプレーンレーベルwebショップからは先行して4.2に発売開始。



SALLY




MARTIN 000-18 (1963)

CEO






バナースぺース








加藤喜一 -MORE THAN THIS- http://keachkato.com/ keach_kato@yahoo.co.jp